知らなきゃ損する赤ちゃんを守る術|水が運命の分かれ道

犬と赤ちゃん

乳児湿疹の症状とケア

眠っている乳児

赤ちゃんというのはサラサラで弾力のある綺麗な肌をしている印象が強いかと思いますが、生まれてからの最初の一年のうちは乳児湿疹と呼ばれる湿疹が多くみられます。これは赤ちゃんにとって自然な症状なので焦らず、しっかりとした対策をとる必要があります。
乳児湿疹の症状は主に4つに分けることが可能です。このうちのよくみられる2種類の湿疹について知っていきましょう。まず、生後一週間から一ヶ月の間でよく見られる湿疹に乳児性ニキビと呼ばれる湿疹があります。これは生まれたばかりの赤ちゃんが胎児の段階でお母さんから得たホルモンの影響を受けて皮脂が過剰に分泌されてしまうことが原因とされています。乳児性ニキビをケアする場合には、毎日の入浴の際に赤ちゃんの顔までしっかり洗顔してあげることが大切です。洗顔を行う際に使用する石鹸はデリケートな皮膚に優しい赤ちゃん用の石鹸もしくはボディソープを泡状にしてその泡をつけるやり方で優しく洗いましょう。泡を洗い流す際にはお湯を含ませたガーゼで優しく拭くといった方法が最適です。その際にはしっかり余計な皮脂を落とすことが大切です。次に、乳児漏性湿疹と呼ばれる乳児湿疹があります。この湿疹もよく発生するもので主に生後4ヶ月頃までに現れる傾向があるようです。乳児漏性湿疹は顔や頭に黄色いフケのようなものがでてくる湿疹で、炎症を起こすこともあります。炎症を起こした際には患部が赤く腫れ、場合によっては膿んでいるような見た目になるでしょう。乳児漏性湿疹のケアを行う際にも入浴時に体や顔を清潔に保つことが大切になります。清潔に保つためには黄色いフケのようなものを全て取り除く必要がありますが、中にはへばりついて取ることの難しいフケがあります。そういった場合には事前にベビーオイルやワセリンといったものでフケをふやかしておくことで取り除くことが容易になるでしょう。乳児湿疹というのは日頃から赤ちゃんの肌を清潔に保っておくことで早く治すことができます。肌に触れるシーツなどもこまめに取り替えて清潔を保つようにすると良いでしょう。