知らなきゃ損する赤ちゃんを守る術|水が運命の分かれ道

犬と赤ちゃん

車内の赤ちゃんの安全を守る

母子

赤ちゃんを育てるにあたって、赤ちゃんを車に乗せる機会というのは良く訪れるものかと思います。赤ちゃんを車に乗せる際に注意すべきルールがあります。それは、6歳未満の子供を車に乗せる場合のチャイルドシートの使用義務です。義務ということなので必ず実施しなければならないルールです。赤ちゃんを育てているお母さんやお父さんの中には、チャイルドシートを使用しない場合や設置はしているがハーネス等を使用せずに赤ちゃんを座らせているといった人も少なからずいるでしょう。そのようにチャイルドシートを正しく使用しない理由にはそういったものは使っても使わなくても変わりないと考えている人が多いようですが、正しく使用しない場合には正しく使用した場合に比べてその死亡率は4倍も違うのです。赤ちゃんを大切に考えるのであれば、確実な安全を優先すべきです。
赤ちゃんを産んだばかりのお母さんの中には、たまにしか車に赤ちゃんを乗せないので購入する必要があるのかわからないという人もいるでしょう。そういった人のためにチャイルドシートをレンタルするサービスがあるのです。レンタルが可能なシートは数多くの種類があり、新生児専用のものから幼児用、学童用のものまでレンタル可能です。新生児専用レンタルシートはまだ首のすわっていない赤ちゃんのために作られたシートで座るだけでなく寝かせたり深くリクライニングしたりすることも可能です。そのため新生児に負担をかけることが少なく、快適に車での移動ができるのです。1歳から4歳の間には一人で座ることができるようになるまで成長し、その段階では幼児用のレンタルシートに変更する必要があります。このタイプにはハーネスが取り付けられており、幼児が移動中の車内で動き回らないよう安全を保つことができます。最後に学童用のレンタルシートで、このシートは4歳から10歳前後を対象に設計されています。このタイプはチャイルドシート無しで車のシートに直接座った場合にシートベルトの位置が合わないといった際に使用するシートです。6歳以上からはチャイルドシートの使用義務はありませんが、子供の安全を優先するならシートベルトをつけることができるまでは利用したほうがいいでしょう。