生まれた赤ちゃんを守る術を知ろう|少しの油断が命取りの水

笑っている赤ちゃん

乳児湿疹の症状とケア

眠っている乳児

赤ちゃんはホルモンの影響により乳児湿疹が多くできます。乳児湿疹には乳児性ニキビや乳児漏性湿疹といったものがあり、どちらも自然にできてしまうものなので焦らずに適切なケアを行ないましょう。

この記事を読む

哺乳瓶の種類とメリット

乳児

哺乳瓶はその素材やタイプによって赤ちゃんが飲みやすいかどうかが決まります。自身の赤ちゃんの成長に合わせた最適な哺乳瓶を選ぶことで赤ちゃんは快適にミルクを飲むことができるでしょう。

この記事を読む

車内の赤ちゃんの安全を守る

母子

赤ちゃんをや6歳未満の幼児を乗せて車を走らせる場合にはチャイルドシートの使用が義務化されています。チャイルドシートはレンタルすることも可能なのでしっかりと使用して赤ちゃんや幼児の安全を守りましょう。

この記事を読む

赤ちゃん向けの水を選ぶ

指を咥えている赤ちゃん

赤ちゃんというのは様々な面において未発達で弱い存在です。そのため、些細な要因で体調を崩すことが多々あります。その要因の中で近年、増加傾向にあるのが水です。赤ちゃんを育てるにあたって水というのはミルクを作る際に使用するかと思います。ミルクに使われた水によっては赤ちゃんに悪影響を及ぼし体調を崩す要因となるのです。少しの油断が命取りになります。
赤ちゃんのミルクを作る際に水道水を使用する人は少なからずいるかと思います。水道水というのは衛生面を保つために殺菌効果のある塩素を含んでいます。大人であれば水道水に含まれる塩素による影響を受ける可能性はとても低いですが、未発達で弱い赤ちゃんとなると様々な影響を受けてしまいます。塩素は摂取することにより殺菌効果を得ることもできますが、胃腸の粘液等にダメージを与えます。また、デリケートな赤ちゃんの肌に塩素を含んだ水をかけてしまうと肌表面へのダメージにも繋がります。また、塩素は赤ちゃんにとってアトピーやアレルギー症状を発症させる原因となる可能性がある物質なのです。そういった塩素の対策をするために、塩素を除去することのできるシャワーヘッドの交換やミルク用にウォーターサーバーを利用するといった対策が必要になります。ウォーターサーバーは赤ちゃんに害を及ぼさない軟水を使用していることが多く、特にピュアウォーターと呼ばれる純水であれば安心してミルクを与えることができるでしょう。たかが水と考えずしっかり対策していくことで赤ちゃんの体への負担や将来への不安を解消することができるのです。